第8回 成人発達障害支援学会 滋賀大会

【テーマ】

  発達障害の多面性とその多角的支援

【会期】

  2021円11月6日(土)・7日(日)
【会場】

  滋賀医科大学・オンライン同時開催

【主催】

  成人発達障害支援学会

    大会長 大井 健(滋賀県精神医療センター院長)
    副大会長 尾関 祐二(滋賀医科大学精神医学講座教授) 

【主な内容】

基調講演 「発達障害者支援 国・県の政策」
 加藤永歳(厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課 障害児・発達障害者支援室 発達障害対策専門官)

教育講演 「発達障害と睡眠障害」
 高橋英彦(東京医科歯科大学 精神行動医科学教授)

記念講演 「大学における合理的配慮とアセスメントについて」
 高橋知音(信州大学 教育学部 教育科学教授)

シンポジウム 「発達障害と薬物依存症」
 松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長)

 シンポジウム「学生支援」/「就労支援」/「家族支援について考える」

ワークショップ(現地開催のみ)
 「オープンダイアローグ」「就労支援」「ピアサポート」「発達障害専門プログラム研修会」など

※ 以上の予定は変更になる場合があります

 

【定員】

オフライン (現地開催)  定員100名(A会場70名/B会場30名)
オンライン(Zoomなど) 定員300名

【参加費】

オフライン (現地開催)  会員6,000円/非会員7,000円/学生・当事者・当事者のご家族1,000円
オンライン(Zoomなど) 会員3,000円/非会員3,000円/学生・当事者・当事者のご家族1,000円

 注)「会員」とは成人発達障害支援学会の会員を指します

 

※詳しくは第8回成人発達障害支援学会滋賀大会Webページをご覧ください

日本子ども虐待防止学会 第27回学術集会 かながわ大会

【テーマ】「誰ひとり取り残さない~思いをカタチに~」

【会期】   2021年12月4日(土)~12月5日(日)

【会場】   パシフィコ横浜ノース
         〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-2 / TEL:045-221-2155(代)
           ※Webオンライン配信予定

【主催】   一般社団法人日本子ども虐待防止学会

                 日本子ども虐待防止学会第27回学術集会かながわ大会 実行委員会

                 大会長    清水 直樹(聖マリアンナ医科大学小児科教室 教授)

【主な内容】 

海外招聘講演  12月4日(土) 13:00-14:30 G5-G8, 1F

アイリーン・ムンロー 教授   

Department of Social Policy,London School of Economics 名誉教授英国教育省の委託に基づく

The Munro Review of Child Protection:Final Report A Child-centred System(ムンロー報告)で著名

海外招聘講演  12月4日(土) 16:40-18:10 G5-G8, 1F

ジェニー・ノル 教授

College of Health and Human Development,Pennsylvania State University 教授,解離の研究における

世界的権威 フランク・パトナム教授 (Prof. Frank W. Putnam)の教えを受け、性虐待の長期的予後を研究

ビデオレター講演 12月4日(土) 16:40-18:10 G4, 1F

セリーヌ・ラファエル医師

虐待の被害体験者として子ども虐待に関する提言などを積極的に行っているフランス人医師著書

『父の逸脱:ピアノレッスンという拷問』はフラン内外で大きな反響を呼んだ

特別講演  12月4日(土) 14:50-16:20 G4, 1F 

山寺 香氏          

元毎日新聞記者。現在は、厚生労働大臣指定法人いのち支える 自殺対策推進センターに勤務著書

『誰もボクを見ていない:なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』

 

その他、大会長企画プログラム、学会企画シンポジウム、大会企画シンポジウム、教育講演、

大会企画ワークショップ等

【参加費】

早期参加登録 2021年6月1日(火)~10月16日(土)
   会員 ¥10,000 非会員¥11,000 学生¥3,500

後期参加登録 2021年10月17日(日)~12月5日(日)
   会員¥11,000 非会員¥12,000 学生¥3,500

※詳しくは日本子ども虐待防止学会第27回学術集会かながわ大会Webページをご覧ください。

thumbnail of jaspcan27_chirasi

一般社団法人 日本LD学会第30回大会(神奈川)

【テーマ】 LIFE,LOVE,LD-知の創造、情の共有から育むそれぞれのこれから―

【開催日時】2021年12月10日(金)~12月12日(日)
     ※12月10日は夜のプレコングレス(参加費無料)のみ

【会場】オンライン開催 ※パシフィコ横浜から配信

【開催】独立行政法人 国立特別支援教育研究所

【主な内容】

 一般公開講演会 ライブ配信 2021年12月10日(金)

 
 「小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て ―発達障害のある子どもをはぐくむ皆さんへ―」
    高橋 孝雄(慶應義塾大学医学部 小児科学教室)

 特別講演 オンデマンド配信 2021年12月11日(土)~12日(日)

1.
 Response to Intervention (RTI) and Multi-tiered Systems of Support (MTSS):How We Can Improve Academic Outcomes for All Learners
 全ての子どもにとっての学習効果をあげるために私たちができること
 Sharon Vaughn(Executive Director, The Meadows Center for Preventing Educational Risk
 Manuel J. Justiz Endowed Chair in Education, The University of Texas at Austin)
2.
 The Association of Learning Disabilities and Attention Deficit Hyperactivity Disorder: Implications for Assessment and Treatment
 LDとADHDの関連性に関する最新の知見から:アセスメントおよび対応への示唆
 Shruti Rane(Clinical Neuropsychologist, Kennedy Krieger Institute)

その他 大会企画シンポジウム(ライブ配信)、教育講演オンデマンド配信)等

【参加費】

 会員(一般、大学院生)¥5,000

 非会員 一般¥8,000 大学院生¥6,000 学部生¥5,000 親の会¥6,000

 ※2021年12月10日(金)プレコングレス(参加費無料)は大会参加申込とは別にお申し込みが必要です。

 

※詳しくは一般社団法人 日本LD学会第30回大会(神奈川)Webページをご覧ください。

thumbnail of 30th_poster

日本発達障害学会 第56回研究大会

【テーマ】    生活している地域で発達障がい児者の支援をするために~気づきから支援のネットワークへ~
【日程】         2021年10月30日(土)~10月31日(日) ライブ配信
             <オンデマンド配信期間:2021年10月30日(土)~11月30日(火)>
【会 場】        WEB開催
【実行委員長】  外岡資朗(鹿児島県こども総合療育センター所長)
【主催】            日本発達障害学会
【共催】            鹿児島県

【主な内容】

    動画配信

  • 県知事挨拶 塩田 康一(鹿児島県知事)
  • 実行委員長講演  外岡 資朗(鹿児島県こども総合療育センター所長)

「生活している地域で発達障がい児者の支援をするために~気づきから支援のネットワークへ~」

  • 特別講演  本田 秀夫(信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授)

「発達障害の人たちを支える地域体制づくり-Think globally, act locally-」

  • 特別講演  神尾 陽子

(お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所 客員教授・発達障害クリニック 院長)

「発達障がい支援をメンタルヘルスの枠組みで捉え直す」

 

  • 市民公開講座 友田 明美

(福井大学 子どものこころの発達研究センター 発達支援研究部門 教授)  

「マルトリートメント(マルトリ)が脳に与える影響と回復へのアプローチ」
  

 ポスターセッション

  • PDF配信
  • 会期中は参加者のコメントを随時受付、発表者からの回答を掲載

 ライブ配信

  • 実行委員会企画シンポジウム
    「サポートが必要な子どもが身近な地域で成長するためのつなぎとマッチング」
    「持続可能な療育システムと支援体制構築:既存の資源・機関の機能化からのアプローチ」
    「発達特性を持つ児童の就職、就労」
  • 学会企画シンポジウム
    「地域の発達障害支援における多職種連携シリーズ第4弾:多職種連携支援の観点から今後の成育医療の役割を問う」
  • 自主企画シンポジウム(自主企画担当者でZoomを準備・運用)

【参加費】

早期参加 2021年7月20日(火)~10月15日(金)
   正会員 ¥6,000 一般参加者(非会員)¥7,000 学生会員、学生¥3,000

直前参加 2021年10月18日(月)~11月12日(金)
   正会員¥7,000 一般参加者(非会員)¥8,000 学生会員、学生¥4,000

※注意

11月1日(月)以降に参加登録された方は、オンデマンド配信のみ閲覧可能となります。ライブ映像の録画配信予定はありませんので、あらかじめご了承ください。

※詳しくは日本発達障害学会第56回研究大会Webページをご覧ください。

第1回 日本公認心理師学会学術集会

【テーマ】 ダイバーシティ時代の公認心理師~今OKINAWAからはじめよう~

【日程】  ライブ配信日:2021年12月12日(日)
      <オンデマンド配信期間:2021年12月12日(日)~2022年1月11日(火)>

【会場】  WEB開催

【大会長】 平安 良次

(沖縄県公認心理師協会前会長/医療法人へいあん 発達相談クリニックそえ~る)

【共 催】一般社団法人 日本公認心理師協会、一般社団法人 沖縄県公認心理師協会

【主な内容】

.『ライブ配信+オンデマンド配信』

基調講演  

演 者:平安良次

(第1回日本公認心理師学会学術集会大会長 医療法人へいあん 発達相談クリニックそえ〜る)

演 題:公認心理師としてのダイバーシティ&インクルージョン

    〜 多様な価値観を認めあい受け入れあう風土を目指して 〜(仮)

その他、招待講演、大会企画シンポジウム、パネルディスカッション、特別コミュニケーションルーム、

コミュニケーションルーム【ライブ配信のみ】、一般演題

『オンデマンド配信』

特別講演、大会企画シンポジウム、自主企画シンポジウム、 市民公開講座、 特別企画(一般公開)

【参加費】

早期登録期間:2021年7月1日(木)~2021年11月12日(金)正午

会員(日師協or沖師協)¥5,000 非会員 ¥7,000 公認心理師養成コースの院生 ¥3,000

通常登録期間:2021年11月13日(土)~2022年1月11日(火)正午

会員(日師協or沖師協)¥7,000 非会員 ¥9,000 公認心理師養成コースの院生 ¥5,000

 

※詳しくは第1回日本公認心理師学会学術集会Webページをご覧ください。

thumbnail of jacpp_flyer-0826  thumbnail of open_flyer-0826

 

発達障害の診断・評価・対応

発達障害の病因や病態は研究途上であり、現在のところ根本治療はまだありませんが、症状の軽減に薬物療法や心理的介入が有効であること、早期発見・介入によって予後が改善することがわかっています。

このページでは、現時点で明らかになっている、我が国における診断および評価、対応などに関するサイト、報告書、ガイドラインなどをご紹介します。また、諸外国における発達障害のガイドラインもご紹介します。

 

総合的なガイドライン

子どもの心の診療ネットワーク事業(国立成育医療研究センター)のサイトでは、子どもの心の診療に関連するガイドラインやマニュアル、手引きなどを紹介しています。

子どもの心の問題・診療に関するマニュアル・テキスト (国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)

 

評価

1.発達障害児者支援とアセスメントに関するガイドライン(PDF:17.72MB)(特定非営利活動法人 アスペ・エルデの会)

平成24年度厚生労働省障害総合福祉推進事業として特定非営利活動法人アスペ・エルデの会が作成したガイドラインです。標準化されたアセスメントツールの普及のために作成されました。発達障害領域でよく使用されるアセスメントツールや、その活用の仕方、事例について紹介しています。

2.ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン(PDF:834KB) (厚生労働省)

「ひきこもり」への支援を行う際の標準的な指針を提供することを目的として、平成19年度から平成21年度に取り組まれた研究をもとに、「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」が作成されました。このガイドラインの中では、気分障害や統合失調症、発達障害などがひきこもりの背景にないかどうかを早期に判断することが、適切な支援の計画にとって非常に重要であると説明されています。

 

対応

1.薬物療法

発達障害に関する医薬品情報 (発達障害情報・支援センター)

2.直接支援

成人期発達障害者のためのデイケア・プログラム (学校法人 昭和大学)

2.家族支援

ペアレントプログラム・ペアレントトレーニング (発達障害情報・支援センター)

3.その他の対応

発達障害児者の初診待機等の医療的な課題と対応に関する調査(国立大学法人 信州大学)

かかりつけ医等発達障害対応力向上研修テキスト (国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)

 

諸外国のガイドライン

レビュー

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6345133/

https://bmcpsychiatry.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12888-018-1800-1

https://www.sbu.se/contentassets/b8290f0f376e4e18851dd4b97880b019/autism_spectrum_disorders_2013.pdf

 

アメリカ合衆国

https://www.cdc.gov/ncbddd/autism/hcp-recommendations.html

オーストラリア

https://www.dss.gov.au/our-responsibilities/disability-and-carers/program-services/for-people-with-disability/early-intervention-for-children-with-autism-spectrum-disorders-guidelines-for-good-practice-2012

 

トゥレット症候群

トゥレット症候群(TS:Tourette’s Syndrome)はTSと略されることもあります。多種類の運動チックと一つ以上の音声チックが1年以上にわたり続く重症なチック障害です。通常は幼児・児童・思春期に発症します。多くの場合は成人するまでに軽快するといわれています。

  • 運動チックとは

突然に起こる素早い運動の繰り返しです。目をパチパチさせる、顔をクシャッとしかめる、首を振る、肩をすくめるなどが比較的よくみられ、時には全身をビクンとさせたり飛び跳ねたりすることもあります。

  • 音声チックとは

運動チックと同様の特徴をもつ発声です。コンコン咳をする、咳払い、鼻鳴らしなどが比較的よくみられ、時には奇声を発する、さらには不適切なことばを口走る(汚言症:コプロラリア)こともあります。
※このような運動や発声を行いたいと思っているわけではないのに行ってしまうというのがチックの特徴です。

トゥレット症候群についての詳細な説明は、以下の資料をご参照ください。

 

発達障害に関する各国での定義

日本では、「発達障害者支援法」に定義されている範囲を「発達障害」として行政政策上の運用を行っています。しかしながら、「発達障害」の用語の示す範囲は、国や地域、学問領域などによって異なるため、時として誤解が生じる場合があります。

詳しくは、以下の資料をご参照ください。

 

 

限局性学習症

学校教育法における学習障害は、DSM-5、ICD-11の医学的定義と異なります。医学的定義である限局性学習症はSLDと略されることもあり、Specific Learning Disorderの略語とされています。全般的な知的発達に遅れはないのに、読む、書く、計算するなどの特定の能力を学んだり、行ったりすることに著しい困難がある状態をいいます。
詳細については、以下の資料をご参照ください。

 

注意欠如・多動症

注意欠如・多動症は、ADHDと表記されることもあります。注意持続の欠如もしくは、その子どもの年齢や発達レベルに見合わない多動性や衝動性、あるいはその両方が特徴です。この3つの症状は通常12歳以前にあらわれます。自閉スペクトラム症などの発達障害と併存することも多いです。

  1. 多動性(おしゃべりが止まらなかったり、待つことが苦手でうろうろしてしまったりする)
  2. 注意力散漫(うっかりして同じ間違いを繰り返してしまうことがある)
  3.  衝動性(約束や決まりごとを守れないことや、せっかちでいらいらしてしまうことがよくある)

一般的に多動や不注意といった様子が目立つのは学齢期ですが、思春期以降はこういった症状が目立たなくなるともいわれています。

詳細については、以下の資料をご参照ください。