障害者トライアル雇用制度

障害のある求職者を一定期間、試行的に雇用(求職者は実際に職務に従事)することで、職務に対する適性や遂行可能性を見極め、職務遂行上必要な配慮点などを洗い出し、求職者と雇用を検討する事業主の相互理解の促進などを通じて、障害のある方の早期就職の実現や雇用機会の創出をはかることを目的とした制度です。

<注意点>

利用する際には、一定の要件を満たさなければなりません。事業主や障害のある本人に利用をすすめる前に、制度の詳細や要件に合致するかなどを公共職業安定所に相談しておく必要があります。