アクセシビリティについて

  •  発達障害ナビポータルのウェブサイト(以下「当サイト」といいます。)作成にあたり、より多くの方々が利用できることを目指し、日本産業規格JIS X 8341-3:2016「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェアおよびサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。

目標とする適合レベル

JIS X 8341-3:2016の適合レベルに配慮。

※ 本方針における「準拠」「一部準拠」「配慮」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン-2016年3月版」で定められた表記によります。

ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン

対象範囲

発達障害ナビポータルで導入したCMS(コンテンツマネジメントシステム)管理対象ページについて対応を行っています。

ただし、PDFなどHTML形式以外のウェブページについては、現時点で本対応の対象外とします。

主なアクセシビリティ対応内容

使用文字について
  • 機種依存文字の使用を禁止しています。
  • 資料などにおいてローマ数字や丸付き数字が使われていたものは、別の文字に置き換えて掲載します。
  • 外字に該当する漢字は、ほかの文字に置き換えるか画像により掲載します。
  • 半角カタカナは使用しません。
色、形について
  • 文字の色は背景と十分なコントラストをとり、色の組み合わせを見やすいように設定します。
  • 動く画像・文字や文字の点滅は原則使用しません。
  • 画像情報などにおいて、内容を理解するために必要な情報は、色、形や位置のみに依存せず、必ず文字による説明を併用します。
操作性について
  • ページの上部に共通のナビゲーションを配置します。
  • 原則として、新しいウィンドウを開く仕組みは設けません。
  • 現在表示されているページの位置を階層構造の上位ページへのリンクのリストで記述し、主要ページ上部へ配置します。
リンクについて
  • PDFファイルを用いる場合、リンク元がPDFデータであることを明示し、ファイルの種類、ファイルサイズを記載します。
その他
  •  今後も主要なページについて整備を進め、環境を問わずに誰でも必要とする情報が得られるウェブサイトづくりを目指し、アクセシビリティの向上に努めていきます。
免責事項
  •  アクセシビリティの確保にできるだけ努めておりますが、利用する閲覧ソフトウェアなどによっては、十分に機能しない場合があるかもしれません。これについて、厚生労働省、文部科学省、発達障害情報・支援センターおよび発達障害教育推進センターは何ら責任を負うものではありません。また、ソフトウェアの使用により生じた損害または第三者からの請求については、法律上の根拠を問わず、一切の責任を負いません。