注意欠如多動性障害(ADHD)のある子どもの合理的配慮

注意欠如多動性障害(ADHD)のある子どもの「学習上又は生活上の困難を改善・克服するための配慮」として、行動を最後までやり遂げることが困難な場合には、途中で忘れないように工夫したり,別の方法で補ったりするなどの配慮をして指導を行うことが考えられます。また、「学習内容の変更・調整」として、注意の集中を持続することが苦手であることを考慮した学習内容の変更・調整を行うことなどが考えられます。