自閉症のある子どもの合理的配慮

自閉症のある子どもの「学習上又は生活上の困難を改善・克服するための配慮」として、自閉症の特性である「適切な対人関係形成の困難さ」、「言語発達の遅れや一般的に用いられるときとは異なる意味での言葉の理解」、「手順や方法に関する独特のこだわり」などによって生じている、学習内容の習得の困難さを補完するための配慮が考えられます。また、「学習内容の変更・調整」として、自閉症の特性により、数量や言葉などの理解が部分的であったり、偏っていたりする場合の学習内容の変更・調整を行うことなどが考えられます。