校内支援体制

各学校において行う特別支援教育の対象は、通常の学級を含む、すべての教育上特別の支援を必要とする児童生徒などです。このため、校長は、学校内の関係者および関係機関との連携調整ならびに保護者の連絡窓口となる特別支援教育のコーディネーターの役割を担う者を指名し、校務分掌に位置づけて特別支援教育を推進します。さらに、特別支援教育コーディネーターは、各学校における特別支援教育の推進のため、主に、校内委員会・校内研修の企画・運営、関係機関・学校との連絡・調整、保護者の相談窓口などの役割を担います。学校が組織的に機能するよう努める必要があります。