学びの場

インクルーシブ教育システムの理念を実現し、特別支援教育を進展させていくために、引き続き、障害のある子どもの自立と社会参加をみすえ、子ども一人ひとりの教育的ニーズに最も的確に応える指導を提供できるよう、連続性のある多様な学びの場の一層の充実・整備などを着実に進めていくことが重要です。また、それらをさらに推進するため、障害のある子どもの教育的ニーズの変化に応じ、学びの場を変えられるよう、多様な学びの場の間で教育課程が円滑に接続することによる学びの連続性の実現をはかることが必要です。