令和3年度 国立青少年教育振興機構 教育事業 第38回全国青少年相談研究集会

テーマ:「コロナ禍における新たな青少年支援~学び、寄り添い、育む~」

新型コロナウイルス感染症の流行(以下「コロナ禍」という。)から2年程度が経過する中、児童虐待の件数の増加やSNS に起因した被害の増加、複雑化した貧困問題など、子供や若者をめぐる環境も大きく変化し様々な課題が報道で取り上げられている。コロナ禍の長期化により従来の課題は複雑化し、より深刻化している。今回はコロナ禍における青少年支援の現状、課題及び支援方法等を共有し、今後の支援の在り方について模索する機会としたい。

 

趣 旨 青少年の健全育成や青少年の相談事業に携わる者が一堂に会し、協議等を通じて、指導者としての資質・能力の向上を図り、関係機関・団体間の連携を促進する。

主 催 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

期 間 令和4年1月20日(木)~1月21日(金) ※部分参加可

※後日、基調講演・行政説明・研究講義の動画のYoutube配信を行います。なお、分科会の配信は行いません。また、動画の視聴のみでもお申込みが必要です。

会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)

対 象 青少年教育行政担当者、青少年教育施行職員、学校教育行政担当者、学校教員、首長部局相談担当者、警察関係者、法務関係者、社会福祉関係者、その他青少年の相談事業に携わる方

定 員 150名 ※先着順(Youtube配信の視聴定員はありません)

 

プログラム等の詳細については、下記の開催要綱をご確認ください。

thumbnail of R3soudankenyoko(1)