職務分析・機能分析・課題分析

就労支援を組み立てるためには、障害のある当事者のアセスメントと同様に、職場の音、明るさ、においなどの環境や、業務にともなう周囲の人の動き、企業の雰囲気や風土などの職場のアセスメントが大切です。

職務分析とは

就労支援者が企業に出向いた際、まず行うことは支援対象者の担当職務の分析です。一つひとつの職務について「いつ」、「何のために」、「何を」、「どのようにするのか」を書き出します。1日の職務の流れを書いたスケジュールの作成や遂行することが難しい作業の洗い出しなど、その後の支援の起点となります。

 

機能分析とは

応用行動分析学では、人間の行動はあるきっかけ(先行刺激)によって生起し、その行動の結果しだいで行動が継続したり、消滅したりするといわれています。このようにある行動に着目し、その機能を分析することを機能分析といいます。たとえば失敗の原因分析や、職場内での不適応行動の分析などで活用します。

 

課題分析とは

通常、業務はいくつかの作業で構成されています。業務を構成する作業工程を明確にし、支援対象者がどの工程でつまずいているのかなどを把握、分析することを課題分析といいます。工程の分け方は、業務の複雑さや支援対象者の理解度により異なります。

関連する資料