発達障害ナビポータル プレオープンのお知らせ

世界自閉症啓発デーである本日、発達障害ナビポータルサイトはプレオープンをいたしました。本格的なオープンに向け、編集作業を行っております。当ポータルサイトは下記に示しました、趣旨により作成されたものです。本邦の信頼に足りうる発達障害の情報発信の源になるよう、努力していく所存です。

2021年4月2日

 

発達障害ナビポータル オープンに寄せて

発達障害情報・支援センター長 西牧 謙吾

発達障害教育推進センター長 笹森 洋樹

 平成28年8月に施行された改正発達障害者支援法では、「個々の発達障害者の性別、年齢、障害の状態及び生活の実態に応じて、かつ、医療、保健、福祉、教育、労働等に関する業務を行う関係機関及び民間団体相互の緊密な連携の下に、その意思決定の支援に配慮しつつ、切れ目なく行われなければならない」とされました。

こうした課題を踏まえて、平成29年 12 月より文部科学省と厚生労働省の両省による、家庭と教育と福祉の連携「トライアングル」プロジェクトにて検討を行い、平成30年3月に、家庭と教育と福祉の連携「トライアングル」プロジェクト報告(以下「報告」という)が取りまとめられました。

そのなかで、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所(発達障害教育推進センター)においては主として教育分野における支援を、国立障害者リハビリテーションセンター(発達障害情報・支援センター)においては福祉分野における支援を、それぞれ研究し普及を進めており、両者のウェブページを保護者等が活用しやすいようにつながりを持たせるなど工夫すること、また、教育や福祉の分野において発達障害者の支援に当たる人材が身につけるべき専門性を整理し、各地方自治体において指導的立場となる者に対する研修の在り方など、両省・両者による連携の下、教育や福祉の現場にその成果を普及させる方策を検討することとされました。

このポータルサイトは、この報告を受けて作成したものです。

現在、府省庁横断的に、保健・医療・介護分野の情報化、政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用が進められています。そのようななか、発達障害は、医療・教育・福祉分野にまたがり、情報化が遅れていることが内外からも強く指摘されています。

このポータルサイトの立ち上げを契機に、更なる情報発信に努め、法の趣旨の実現に、少しでも近づきたいと考えています。

なにとぞ末永くご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。

 

■プレオープン(4/2)したページ:

・お知らせ

・特集

外国にルーツを持つ発達障害児および家族への支援

強度行動障害

女性の困難さへの気づきと対応

災害時の発達障害児・者支援

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の関連情報

 

■下記ページは近日中にオープンする予定です。

・イベントページ

・各領域別のページ

本人・ご家族

教育

医療・保健

福祉

就労