発達障害ナビポータル グランドオープンのお知らせ

2021年9月30日

発達障害ナビポータルのグランドオープンに寄せて

発達障害情報・支援センター長 西牧 謙吾
発達障害教育推進センター長 笹森 洋樹

発達障害ナビポータルのグランドオープンに際し、一言ご挨拶申し上げます。
令和3年4月2日にプレオープンしてから本日までの間、関係者の皆様からいただいた多くのご意見をもとに、記事の充実や機能の強化など、本格的な稼働に向けた準備を整えてまいりました。本日のグランドオープンを迎えることができましたのは、ひとえにご支援いただいた皆様のお力添えの賜物と深く感謝申し上げます。

当サイトは、平成28年8月施行の改正発達障害者支援法の基本理念と「家庭と教育と福祉の連携『トライアングル』プロジェクト報告」(平成30年3月)を受けて制作しました。発達障害のあるご本人やご家族に向けた情報を中心に、その方々の暮らしを支える教育、医療、保健、福祉、労働の各分野に携わる方々が互いの思いや取り組みを十分に理解し、これまで以上に連携を強化するための情報も併せて掲載しています。

さて、平成30年6月に世界保健機関(WHO)から、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が公表されました。現行のICD-10への改訂以来、約30年ぶりの改訂となります。この公表を受け、加盟国は分類の翻訳など自国での適用へ向けた準備を開始しており、我が国においてもさまざまな検討が進められているところです。ICD-11の適用はまだ先であるため、当サイトで新たに作成した記事中の診断名については、DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)で定義された名称を使用しています。あらかじめご了承いただけますと幸いです。

私たちは当サイトを通じて、発達障害のある方やご家族、支援者の皆様にとって有意義かつ正確なコンテンツの充実をはかるとともに、皆様のご意見・ご要望にお応えできるよう機能の充実に尽力してまいります。
当サイトの立ち上げを契機に、さらなる情報発信に努め、法の趣旨の実現に、少しでも近づきたいと考えています。

今後とも末永くご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。

 

 ←バナーをクリックすると動画を視聴できます

第1回 日本公認心理師学会学術集会〈特別企画〉で、発達障害ナビポータルの活用について取り上げました。

発達障害については、どの分野で活躍されている支援者の方にとっても重要なテーマとなっています。国における取組動向等を知っていただき、発達障害ナビポータルを日々の業務に活かしていただけるよう情報提供させていただきました。上のバナーをクリックしていただくと、動画(Youtube)の配信画面に移動します。

【司会】    日詰 正文 氏 (国立重度知的障害者総合施設 のぞみの園 総務企画局 研究部)

【話題提供者】 西牧 謙吾 氏 (国立障害者リハビリテーションセンター 企画・情報部 発達障害情報・支援センター)

        笹森 洋樹 氏 (独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所 発達障害教育推進センター)

【指定討論者】 日戸 由刈 氏 (相模女子大学 人間社会学部 人間心理学科、日本公認心理師協会福祉分野委員会)

        市川 宏伸 氏 (一般社団法人 日本発達障害ネットワークJDDnet、日本自閉症協会、心理学諸学会連合、日本心理研修センター)