診断しんだん医療機関いりょうきかんへの受診じゅしんについて

診断しんだんについて

自身じしんあるいはご家族かぞくかたが、発達障害はったつしょうがいではないかとになったとき、そのまま様子ようすをみていればよいのか、それとも専門せんもん医療機関いりょうきかん発達障害はったつしょうがいなのかどうかはっきりさせたほうがよいのか、まよわれることもあるかもしれません。

どものころから発達障害はったつしょうがい特性とくせいによるこまりをかかえていたとしても、かならずしも明確めいかく診断しんだんけているとはかぎりません。成人せいじんして、はじめてづかれる場合ばあいもよくあります。

診断しんだんけるということは、より人生じんせいおくるためのものですが、診断しんだんける必要ひつようがあるかどうかや、どのタイミングたいみんぐけるかは、保護者ほごしゃあるいはご本人ほんにん意思いしによります。まよいがある場合ばあいは、身近みぢかひとやかかわりのある支援者しえんしゃにも相談そうだんをし、十分じゅうぶん検討けんとうをしたうえめるとよいでしょう。

 

発達障害はったつしょうがい診療しんりょうおこなっている医療機関いりょうきかんへの受診じゅしんについて

発達障害はったつしょうがい診療しんりょう専門せんもんおこなっている医療機関いりょうきかんは、ほとんどが予約制よやくせいになっています。医療機関いりょうきかんによっては、受診じゅしん希望きぼうするひとたちがとてもえていて、予約よやく順番じゅんばんがまわってくるまでながあいだたなくてはならない場合ばあいもあります。

どこの医療機関いりょうきかんけばよいかの情報じょうほうについては、一覧いちらん作成さくせいされている場合ばあいもあります。市区町村しくちょうそん相談窓口そうだんまどぐちや、発達障害者支援センターはったつしょうがいしゃしえんせんたーわせてみましょう。

発達障害はったつしょうがい診療しんりょう専門せんもんおこなっている医療機関いりょうきかん受診じゅしんすることになったら、まえもって準備じゅんびしておくとよいでしょう。

 

発達障害はったつしょうがい診断しんだんけたら

発達障害はったつしょうがい診断しんだんけることによって、自分自身じぶんじしんへの理解りかいふかめるきっかけにもつながります。

また、まわりのひと適切てきせつなかかわりかた必要ひつよう配慮はいりょづくきっかけになることもあります。困難こんなんあきらかにすることで、障害しょうがい配慮はいりょした支援しえんけやすくなれば、つまずきや失敗しっぱい事前じぜんふせぎ、苦痛くつう負担ふたん軽減けいげんをはかることにつながる場合ばあいもあるでしょう。

ただし、診断名しんだんめいはとても大切たいせつ個人情報こじんじょうほうです。周囲しゅういひとつたえるときは事前じぜんに、だれに、どうつたえるのがよいかということを、ご家族かぞく支援者しえんしゃとよく相談そうだんしましょう。

 

くすり利用りよう医療費いりょうひについて

発達障害はったつしょうがいそのものをくすりなおすことはできません。しかし、発達障害はったつしょうがいかたによくみられる症状しょうじょうのなかには、くすりによってやわらげることができるものもあります。医師いし診察しんさつをして、くすり必要ひつようだと判断はんだんされた場合ばあいには、くすり服用ふくようすることをすすめられます。くすり効果こうか副作用ふくさようについては、担当たんとう医師いし十分じゅうぶんはないましょう。

また、定期的ていきてき通院つういんしたり、くすり治療ちりょうつづけるのには経済的けいざいてき負担ふたんになる場合ばあいもあるでしょう。自立支援医療制度じりつしえんいりょうせいどは、心身しんしん障害しょうがい除去じょきょ軽減けいげんするための医療いりょうについて、医療費いりょうひ自己負担額じこふたんがく軽減けいげんする公費負担医療制度こうひふたんいりょうせいどです。くわしくりたいかたは、下記かきをごらんください。