学童期・思春期がくどうき ししゅんきのおさんについて

さんと関わる際かか  さい

発達障害はったつしょうがいのあるおさんと関わる際かか  さいには、基本的な支援原則きほんてき しえんげんそくがあります。とくに大切たいせつな2つのポイントぽいんととして、肯定的こうていてき接し方せっ かたスモールステップすもーるすてっぷ考え方かんが かたがあります。

また、学童期・思春期がくどうき ししゅんきのおさんにとっては、一日の大半いちにち たいはん過ごす場所す  ばしょである学校がっこう受ける影響う  えいきょうはとてもおおきいものです。おさんが安心あんしんして学校生活がっこうせいかつおくるためのポイントぽいんとには、たとえばつぎのようなことがあるでしょう。

さんの特性を知とくせい しりましょう

さんに生活せいかつしにくい様子ようすがみられれば、まずは何に困なに こまっているのかよく観察かんせつすることが大切たいせつになります。おさんが力を発揮ちから はっきしやすい状況じょうきょうはどういう条件じょうきょうがそろったときなのか、観察かんさつした様子ようす整理せいりすることで、不必要ふひつようストレスすとれす失敗体験しっぱいたいけんをなくし、安心あんしんできる環境かんきょうをつくることが大切たいせつです。

わかりやすい環境かんきょう用意よういしましょう

どのような場面ばめんで、どのような工夫くふうをすればおさんが行動こうどうしやすいのかかんがえることが必要ひつようです。おさんにとってわかりやすい環境かんきょうととのえることにより、力が発揮ちから はっきしやすくなります。見通みとおしがたてられるよう事前に予告じぜん よこくしたり、手順やルールてじゅん るーる明確めいかくにする、具体的ぐたいてきつたえるなど、個に応こ おうじた工夫が有効くふう ゆうこうです。

 

さんからのサインさいん

さんによっては、日々の生活ひび せいかつ過ごす中す  なかかかえた不安ふあんやつらさなど、ストレスすとれすをうまく処理しょりできなくなり、それがこころ身体からだ症状しょうじょうとしてあらわれる場合ばあいもあります。周囲しゅうい大人おとなは、おさんからのSOSとして、はやめにそのサインさいんづくことが大切たいせつです。睡眠すいみんはしっかりとれているでしょうか。普段ふだんくらべて、機嫌きげん表情ひょうじょう食欲しょくよくはどうでしょう。

いえ学校がっこうではおさんの様子ようすちがうこともあるので、おさんの様子ようすについてになることがてきた場合ばあいは、まずは担任たんにん先生せんせい様子ようすをきいてみましょう。学習がくしゅう関係かんけいすることのほか、やす時間じかん過ごし方す  かた同級生どうきゅうせいとのかかわりの様子ようすなどもきき、なに対策たいさく必要ひつようであれば学校がっこう先生せんせいたちと一緒いっしょかんがえていきましょう。

 

思春期ししゅんき学校生活がっこうせいかつ…とくに思春期ししゅんき女子じょしについて

思春期ししゅんきむかえると対人関係たいじんかんけい複雑ふくざつになっていき、発達障害はったつしょうがい特性とくせいをもつおさんたちにとっては、戸惑とまどいをかかえやすい時期じきとなります。周囲しゅうい適切てきせつ理解と支援りかい しえん大切たいせつなのはどのおさんにとっても共通きょうつうしていますが、とくに女性じょせい発達障害はったつしょうがいづかれにくいといわれています。そこで発達障害はったつしょうがい特性とくせいをもつ思春期ししゅんき女子じょしならではのむずかしさを理解りかいし、見守みまもってもらうための記事きじをまとめました。おも支援者向しえんしゃむけに、学校生活がっこうせいかつでのづきと支援しえんポイントぽいんとをまとめたものですが、よろしければご家族かぞくかたもおみください。