さまざまなはたらかたについて

本人ほんにんやご家族かぞくから「わたしには(うちのには)どんなはたらかたいているでしょうか?」というわせをいただくことがよくあります。能力のうりょく性格せいかく価値観かちかんなどは、一人ひとりひとりちがうので正解せいかいひとつではありませんが、「自分じぶんらしくはたらけること」や「安定あんていしてつづけられそうなはたらかた」「できることをかせるはたらかた」を選択せんたくすることが大切たいせつだとおもいます。

 

一般就労いっぱんしゅうろう福祉的就労ふくしてきしゅうろう

一般就労いっぱんしゅうろう」と「福祉的就労ふくしてきしゅうろう」ということばは、あまり一般的いっぱんてきではなく、明確めいかく定義ていぎもありません。企業きぎょう公的機関こうてききかんなどに就職しゅうしょくして、労働契約ろうどうけいやくむすんではたらく、いわゆる一般的いっぱんてき就業形態しゅうぎょうけいたいを「福祉的就労ふくしてきしゅうろう」と区別くべつするために「一般就労いっぱんしゅうろう」とんでいます。

一方いっぽう障害しょうがいがあり、一般いっぱん企業きぎょうなどでの雇用こようむずかしい場合ばあいに、福祉施策ふくしせさくのもとで就労しゅうろう提供ていきょうけてはたら場合ばあい総称そうしょうして「福祉的就労ふくしてきしゅうろう」とびます。

福祉的就労ふくしてきしゅうろうでは、障害者総合支援法しょうがいしゃそうごうしえんほうもとづく就労継続支援しゅうろうけいぞくしえんAがたやB型事業所がたじぎょうしょなどと利用契約りようけいやくむすびます。福祉事業所ふくしじぎょうしょは、はたら提供ていきょうするとともに、一人ひとりひとりの状況じょうきょうわせて、はたらくために必要ひつよう知識ちしき能力向上のうりょくこうじょうのための支援しえん提供ていきょうします。たとえば、「以前いぜん就職しゅうしょくしていたけれど、離職後りしょくごブランクぶらんくながく、いきなり会社かいしゃはたらくには心身しんしんともに不安ふあんおおきいかた」「離転職りてんしょくかえしていて、スキルアップすきるあっぷ就職しゅうしょくをしたいかた」などは、福祉的ふくしてき支援しえんのもとでじっくりと就職しゅうしょく目指めざすのもよいかもしれません。

就労継続支援しゅうろうけいぞくしえんAがた雇用型こようがた)と就労継続支援しゅうろうけいぞくしえんBがた非雇用型ひこようがたちがい)>

雇用契約こようけいやく

報酬ほうしゅう

対象者たいしょうしゃ

平均報酬へいきんほうしゅう

令和元年れいわがんねん

就労継続支援しゅうろうけいぞくしえんAがた

あり

賃金ちんぎん支払しはらわれる 企業きぎょうなどに就労しゅうろうすることが困難こんなんかたであって、雇用契約こようけいやくもとづき、継続的けいぞくてき就労しゅうろうすることが可能かのう65歳未満さいみまんかた利用開始時りようかいしじ65歳未満さいみまんかた 平均月額賃金へいきんげつがくちんぎん

78,975 えん

就労継続支援しゅうろうけいぞくしえんBがた

なし

工賃こうちん支払しはらわれる 就労移行支援事業しゅうろういこうしえんじぎょうなどを利用りようしたが一般企業いっぱんきぎょうなどの雇用こようむすびつかないかたや、一定年齢いっていねんれいたっしているかたなどであって、就労しゅうろう機会きかいなどをつうじ、生産活動せいさんかつどうにかかる知識ちしきおよび能力のうりょく向上こうじょう維持いじ期待きたいされるかた 平均月額工賃へいきんげつがくこうちん

16,369えん

令和元年度工賃れいわがんねんどこうちん賃金ちんぎん)の実績じっせきについて厚生労働省こうせいろうどうしょう

福祉的就労ふくしてきしゅうろう希望きぼうされるかたは、福祉サービス利用ふくしさーびすりよう手続てつづきが必要ひつようになります。おまいの市区町村しくちょうそん障害者福祉担当窓口しょうがいしゃふくしたんとうまどぐちまでおわせください。

一般就労いっぱんしゅうろう希望きぼうされるかたは、さまざまな支援制度しえんせいど利用りようすることができます。くわしくは、おちかくのハローワークはろーわーくまでおわせください。また、すでに発達障害者支援センターはったつしょうがいしゃしえんせんたー障害者就業しょうがいしゃしゅうぎょう生活支援センターせいかつしえんせんたー相談支援事業所そうだんしえんじぎょうしょなどをご利用りようかたは、まずはそちらにご相談そうだんください。

障害者雇用しょうがいしゃこよう一般雇用いっぱんこよう

求人きゅうじんには、障害しょうがいのあるかた雇用こよう前提ぜんてい企業きぎょう勤務内容きんむないよう諸条件しょじょうけんなどを検討けんとうして作成さくせいした障害者求人しょうがいしゃきゅうじんと、そうではないもの、いわゆる一般求人いっぱんきゅうじんがあります。

障害者求人しょうがいしゃきゅうじん応募おうぼする場合ばあいは、障害者手帳しょうがいしゃてちょう所持しょじ精神疾患せいしんしっかん発達障害はったつしょうがい難病なんびょうなど、医師いし診断しんだんによりはたらうえ困難こんなんさをかかえていることが前提ぜんていです。また、企業きぎょう職場しょくばかたから適切てきせつ配慮はいりょけるために障害しょうがい種別しゅべつ程度ていど内容ないようなどをつたえる、いわゆる障害開示しょうがいかいじ前提ぜんていとなります。採用面接時さいようめんせつじ雇用後こようご職場環境しょくばかんきょう勤務条件きんむじょうけんなどの配慮はいりょ適切てきせつおかなわれるようにするために必要ひつよう情報じょうほうです。もうひとつの側面そくめんとして、障害者求人しょうがいしゃきゅうじん背景はいけいには、企業きぎょう社会的責任しゃかいてきせきにんとして障害しょうがいのあるかた雇用こようしたい、法定雇用率ほうていこようりつたしたいという企業心理きぎょうしんりはたらいています。障害者雇用率しょうがいしゃこようりつくわしい情報じょうほうはここでははぶきますが、雇用率こようりつ計算けいさん算定対象さんていたいしょうとなるかたは、身体障害者手帳しんたいしょうがいしゃてちょう療育手帳りょういくてちょう精神障害者保健福祉手帳せいしんしょうがいしゃほけんふくしてちょう所有者しょゆうしゃです。

障害者求人しょうがいしゃきゅうじんは、応募対象者おうぼたいしょうしゃ障害者しょうがいしゃ限定げんていした特殊とくしゅ採用形態さいようけいたいであることから、一般求人いっぱんきゅうじんくらべて求人数きゅうじんすうすくなく、かならずずしもすべての求職者きゅうしょくしゃ希望きぼうにそったものではないなど、一般求人いっぱんきゅうじんくら選択せんたくはばせまいのが現状げんじょうです。

一方いっぽう一般求人いっぱんきゅうじん場合ばあいは、障害しょうがい有無うむ応募要件おうぼようけんではありません。障害しょうがいのあるかた応募おうぼすることもできます。障害しょうがい開示かいじ非開示ひかいじについては求職者きゅうしょくしゃ意思いしによります。また、一般求人いっぱんきゅうじん、とくに障害非開示しょうがいひかいじでの就職しゅうしょく場合ばあいは、障害者トライアル雇用制度しょうがいしゃとらいあるこようせいど職場しょくば出向でむいてのジョブコーチ支援じょぶこーちしえんなど、企業きぎょう、ご本人ほんにんへの直接的ちょくせつてき援助えんじょ提供ていきょうむずかしくなります。

障害者求人しょうがいしゃきゅうじんは、求人区分きゅうじんくぶんで「障害しょうがいのあるかたのための求人きゅうじん」にチェックちぇっくれて検索けんさくしてください。

参考さんこう関連かんれんする調査研究ちょうさけんきゅう

したグラフぐらふ独立行政法人どくりつぎょうせいほうじん高齢こうれい障害しょうがい求職者雇用支援機構きゅうしょくしゃこようしえんきこう障害者職業総合センターしょうがいしゃしょくぎょうそうごうせんたー実施じっしした、公共職業安定所こうきょうしょくぎょうあんていじょ専門援助部門せんもんえんじょぶもん紹介しょうかいにより就職しゅうしょくした障害者しょうがいしゃ身体障害者しんたいしょうがいしゃ知的障害者ちてきしょうがいしゃ精神障害者せいしんしょうがいしゃ発達障害者はったつしょうがいしゃ)の職場定着しょくばていちゃく関連かんれんする要因よういんなどの調査報告書ちょうさほうこくしょ障害者しょうがいしゃ就業状況等しゅうぎょうじょうきょうとうかんする調査研究ちょうさけんきゅう」からの引用いんようです。

一般求人いっぱんきゅうじんかつ障害非開示しょうがいひかいじでの就職者しゅうしょくしゃくらべて、障害者求人しょうがいしゃきゅうじん就職しゅうしょくしたかた就職後しゅうしょくご1年経過時ねんけいかじ職場定着率しょくばていちゃくりつは、2倍以上ばいいじょうたかいことがわかります。

また、一般的いっぱんてき発達障害はったつしょうがいのあるかた職場定着率しょくばていちゃくりつひくいという意見いけんみみにしますが、けっしてそうではないこともあわせておつたえします。