就職後しゅうしょくごおも支援機関しえんきかん

障害特性しょうがいとくせいにより、自分じぶん意見いけん希望きぼうこまっていることや心配しんぱい気持きもちなどを、周囲しゅういたいして適切てきせつ相談そうだん発信はっしんすることに困難こんなんさがある発達障害はったつしょうがいのあるかたにとって、ご本人ほんにん特性とくせい理解りかいし、ご本人ほんにんからのSOS信号しんごう的確てきかくキャッチきゃっちできる周囲しゅういサポートさぽーとがとても大切たいせつです。

職場しょくばでのトラブルとらぶる問題行動もんだいこうどうなどは、なにもないところから突然発生とつぜんはっせいするのではなく、職場内しょくばないでの何気なにげないこえかけややりりなど、ちいさなボタンぼたんのかけちがいがかさなって発生はっせいします。たとえば、「あたまいたい」と欠勤けっきんしがちなAさん。ジョブコーチじょぶこーち職場しょくば出向でむいて状況じょうきょう確認かくにんすると、こえおおきく、早口はやくちなBさんとシフトしふとかさなるやすむことがおおい。Aさんに確認かくにんすると、「Bさんがっていることがわからず、Bさんのこえくとあたまいたくなってしまう。そのことをどうつたえればよいかなやみ、体調不良たいちょうふりょう理由りゆうやすんでしまった」といったケースけーすです。

職場しょくばでのつまずきや心配しんぱいごとなどは、できるかぎちいさなうちにみつけ、早期そうき解決かいけつをはかることが大切たいせつです。そのためにも、就職前しゅうしょくまえ段階だんかいからこまったときにたよりになる支援機関しえんきかん支援者しえんしゃとつながっておくことが大切たいせつです

 

おも支援機関しえんきかん支援内容しえんないよう

就職後しゅうしょくご活用かつようできる支援機関しえんきかんとしては、地域障害者職業センターちいきしょうがいしゃしょくぎょうせんたー障害者就業しょうがいしゃしゅうぎょう生活支援センターせいかつしえんせんたーハローワークはろーわーく就労移行支援事業所しゅうろういこうしえんじぎょうしょ障害者就労支援センターしょうがいしゃしゅうろうしえんせんたーなどのおく機関きかんがあります。

地域障害者職業センターちいきしょうがいしゃしょくぎょうせんたー

すべての都道府県とどうふけん設置せっちされています。ハローワークはろーわーくみつ連携れんけいし、就職準備しゅうしょくじゅんびから就職しゅうしょく、その職場定着しょくばていちゃくかんする支援しえん提供ていきょうします。

センターせんたー所属しょぞくする障害者職業カウンセラーしょうがいしゃしょくぎょうかうんせらー策定さくていした支援計画しえんけいかくもとづき、職場適応援助者しょくばてきおうえんじょしゃジョブコーチじょぶこーち)が職場しょくばなどに出向でむいて直接支援ちょくせつしえんおこないます。あらたたに就職しゅうしょくするさい支援しえんだけでなく、雇用後こようご配置変更はいちへんこうあらたな職務追加しょくむついかなどの変化へんかたいしても、必要ひつようおうじて職場適応支援しょくばてきおうしえんおこないます。

ジョブコーチじょぶこーちによる支援しえん対象たいしょうは、はたら障害しょうがいのあるかたくわえ、雇用主こようぬし職場しょくば従業員じゅうぎょういんたいしても、障害者しょうがいしゃ職場適応しょくばてきおう必要ひつよう助言じょげんおこない、必要ひつようおうじて職務しょくむ再設計さいせっけい職場環境しょくばかんきょう改善かいぜん提案ていあんします。また、はたらつづけるためには、毎日まいにちやすまず出勤しゅっきんできる体力たいりょくづくりやこころとからだの健康管理けんこうかんりなど、はたらくことの基盤きばんである生活せいかつ安定あんてい充実じゅうじつがとても大切たいせつです。ジョブコーチじょぶこーちは、家庭かていグループホームぐるーぷほーむなどの生活支援機関せいかつしえんきかんたいして、ご本人ほんにん同意どういのもと、必要ひつようおうじて職場しょくば状況報告じょうきょうほうこくや、職場定着しょくばていちゃく必要ひつよう生活面せいかつめんサポートさぽーとかんする助言じょげんなどもおこないます。支援期間しえんきかんは、標準的ひょうじゅんてきには2~4ヶ月かげつですが、1ヶ月かげつ~8ヶ月かげつ範囲はんい個別こべつ必要ひつよう期間きかん設定せっていします支援しえん永続的えいぞくてき実施じっしするものではありません。ジョブコーチじょぶこーちによる支援しえんつうじて、適切てきせつ支援方法しえんほうほう職場しょくば上司じょうし同僚どうりょうつたえ、企業きぎょう職場内しょくばない本人ほんにんたいする支援体制しえんたいせいととのえ、職場定着しょくばていちゃくをはかることが目的もくてきですジョブコーチ支援じょぶこーちしえん活用かつようは、雇用企業こようきぎょう本人ほんにん双方そうほう利用りよう希望きぼうしていること、双方そうほう職場しょくばへの定着ていちゃく雇用こよう継続けいぞく共通きょうつう目標もくひょうとしていること、ジョブコーチじょぶこーちによる支援しえん必要性ひつようせい十分じゅうぶんみとめられることが原則げんそくです。

くわしくは、おちかくのハローワークはろーわーく、または地域障害者職業センターちいきしょうがいしゃしょくぎょうせんたーまでおわせください。

 

障害者就業しょうがいしゃしゅうぎょう生活支援センターせいかつしえんせんたー

地域ちいきにおまいの障害しょうがいのあるかたで、一般企業いっぱんきぎょうはたらく、またははたらきたいとかんがえているかたであって、支援しえん必要ひつようとするかたけて、就業しゅうぎょうかんする相談そうだん就業しゅうぎょうにともなう日常生活にちじょうせいかつでのこまりごとなどにたいして、窓口まどぐちでの相談そうだん家庭かてい企業きぎょうへの訪問ほうもん関係機関かんけいきかんとの連絡調整れんらくちょうせいなどをつうじて支援しえん提供ていきょうします。

就業面しゅうぎょうめんでは、職場定着しょくばていちゃくけた支援しえんや、事業主じぎょうぬしたいする障害しょうがいのあるかたそれぞれの障害特性しょうがいとくせいまえた雇用管理こようかんりについての助言じょげんハローワークはろーわーくなどの関係機関かんけいきかんとの連絡調整れんらくちょうせいなどをおこないます。また、生活面せいかつめんでは、就業継続しゅうぎょうけいぞく必要ひつよう生活習慣せいかつしゅうかん(たとえば、だしなみや衛生管理えいせいかんり仕方しかたなど)の形成けいせい健康管理けんこうかんり金銭管理きんせんかんりなどの日常生活にちじょうせいかつかんすること、まいや年金ねんきん余暇活動よかかつどうなどの地域生活ちいきせいかつ生活設計せいかつせっけいかんする助言じょげん関係機関かんけいきかんとの連絡れんらく調整ちょうせいおこないます。

利用りようさいしては、状況じょうきょう把握はあくのためのりや利用登録りようとうろく手続てつづきが必要ひつようとなります。また、来訪らいほうによる相談そうだんなどについては、事前じぜん予約よやく必要ひつようとなる場合ばあいがあります。くわしくは、おまいの地域ちいき担当たんとうする障害者就業しょうがいしゃしゅうぎょう生活支援センターせいかつしえんせんたーまでおわせください。

 

就労定着支援事業所しゅうろうていちゃくしえんじぎょうしょ

平成へいせい30ねん障害者総合支援法しょうがいしゃそうごうしえんほう改正かいせいにともない新設しんせつされたサービスさーびすです。就労移行支援しゅうろういこうしえんなどの障害福祉サービスしょうがいふくしさーびす利用りようて、一般企業いっぱんきぎょう就職しゅうしょくした障害しょうがいのあるかた利用りようできます利用りようできる期間きかんは、就職後しゅうしょくご6ヶ月かげつ経過時けいかじから最長さいちょう3年間ねんかんです。

就労定着支援しゅうろうていちゃくしえんは、これまでも障害者就業しょうがいしゃしゅうぎょう生活支援センターせいかつしえんせんたーなどが中心ちゅうしんになっておこなっていました。しかし、はたら障害しょうがいのあるかたえ、はたらくことにかんする課題解決かだいかいけつへの支援ニーズしえんにーずたかまってきたため、独立どくりつした福祉サービスふくしさーびすとして実施じっしされることがまりました。支援内容しえんないようは、職場しょくば同僚どうりょう上司じょうしとのコミュニケーションこみゅにけーしょんかたなど、はたらうえでのこまりごとへの相談そうだんや、健康管理けんこうかんり金銭管理きんせんかんり余暇よかごしかたなどのはたらつづけるために必要ひつよう日常生活上にちじょうせいかつじょうこまりごとへの助言じょげんなど、面談めんだんによる状況じょうきょうりや、企業きぎょう家庭かていへの訪問ほうもんによる支援しえん必要ひつようおうじて関係機関かんけいきかんなどとの連絡調整れんらくちょうせいケース会議けーすかいぎ開催かいさいなどです。

すべての就労移行支援事業所しゅうろういこうしえんじぎょうしょなどの就労系事業所しゅうろうけいじぎょうしょが、就労定着支援事業しゅうろうていちゃくしえんじぎょうおこなっているとはかぎりません。また、利用りようさいしては障害福祉サービスしょうがいふくしさーびす手続てつづきが必要ひつようです。くわしくは、おまいの市区町村しくちょうそん障害福祉担当窓口しょうがいふくしたんとうまどぐちまでおわせください。