はたらつづけるために

就職直後しゅうしょくちょくご職場しょくば上司じょうし同僚どうりょうなどとのあたらしい人間関係にんげんかんけいづくりや、まずは自分じぶん仕事しごとおぼえなければならなかったり、採用さいようにともなう諸手続しょてつづきをめられた期間内きかんでこなさなければならなかったりと、これまで以上いじょういそがしく変化へんかおお時期じきになります。職場適応援助者しょくばてきおうえんじょしゃジョブコーチじょぶこーち)の技法ぎほうに「ナチュラルサポートなちゅらるさぽーと」ということばがあります。はたら障害しょうがいのあるかた無理むりのない範囲はんい職場内しょくばないのさまざまなかたサポートさぽーとする体制たいせいきずくことを意味いみします。ジョブコーチじょぶこーち支援しえん留意りゅういするポイントぽいんとをいくつかご紹介しょうかいします。

相談相手そうだんあいて把握はあくする

仕事しごと毎日まいにちかさねが大切たいせつです。また、かぎられた時間じかんなかもとめられた業務ぎょうむ遂行すいこうすることをもとめられます。ひとつのわからないことやむずかしい作業さぎょうにつまずき、その仕事しごとにつかないよりも、わからないことはおそわり、ときにはひとりてでも最後さいごまで仕事しごとをやりげること、経験けいけんかさねで業務遂行能力ぎょうむすいこうのうりょくにつきます。「みんないそがしそうで、どういたらよいかわからない」、「なんえばよいのだろう」などと戸惑とまどうかもしれません。また、おもみやあやまった理解りかいのまま業務ぎょうむすすめてしまうこともあるかもしれません。できれば、職場内しょくばないキーパーソンきーぱーそん相談内容そうだんないようごとの相談役そうだんやくさだめ、役割やくわりかかわるうえでのルールるーるめてもらうよう上司じょうし相談そうだんしておくことをおすすめします。

自分じぶん特性とくせい配慮はいりょしてほしいてんなどをつたえる

発達障害はったつしょうがい特性とくせいとひとことでいってもさまざまです。たとえば、「文字もじどおりの解釈かいしゃくおもったままの内容ないようくちにしてしまう」、「相手あいてはなしさえぎって発言はつげんすることがある」、「過度かど集中しゅうちゅうしてしまい周囲しゅういのことにきにくくなる」、「休憩中きゅうけいちゅう一人ひとりしずかな場所ばしょごしたい」、「蛍光灯けいこうとうおと点滅てんめつ苦手にがて」など、内容ないよう程度ていど一人ひとりひとりことなります。自分じぶん特性とくせい周囲しゅうい手伝てつだってほしいこと、配慮はいりょしてほしいことなどをできるだけ具体的ぐたいてき整理せいりし、職場しょくばかたにあらかじめつたえておくことが大切たいせつです。職場しょくばなかで「いつ」「だれに」「どのように」つたえるか、そしてただしく理解りかいしてもらうのはとてもむずかしいことです。まずは上司じょうしかた相談そうだんし、判断はんだんあおぎましょう。医療機関いりょうきかんジョブコーチじょぶこーちなどの信頼しんらいできる専門家せんもんか協力きょうりょく依頼いらいすることも必要ひつようかもしれません。

道具どうぐやちょっとした工夫くふう苦手にがてさをおぎなえることも

スマートフォンすまーとふぉんカレンダーアプリかれんだーあぷりリマインダー機能りまいんだーきのう活用かつようすることで、苦手にがて部分ぶぶんおぎなえる場合ばあいがあります。また、聴覚過敏ちょうかくかびん場合ばあいは、ノイズキャンセラーヘッドフォンのいずきゃんせらーへっどふぉん活用かつようなどで、ある程度ていど不快感ふかいかん軽減けいげんされることもあります。これまでの日常生活にちじょうせいかつでつちかってきた苦手にがてさ、困難こんなんささの軽減けいげんのための工夫くふう仕事しごとでもいきてきます。しかし、自前じまえ道具どうぐみが禁止きんしされていたり、SNS利用りようには特定とくていルールるーるがあったりなど、職場しょくばにはそれぞれまりがあります。苦手にがてさを軽減けいげんするために職場しょくばでできる工夫くふう見出みいだしていくことが大切たいせつですが、道具どうぐ使用しよう仕事上しごとじょう工夫くふうについては、職場しょくば上司じょうし目的もくてき内容ないようをあらかじめ相談そうだんし、理解りかいておく必要ひつようがあります。

やす時間じかんやすみのにはしっかりリフレッシュりふれっしゅし、こころもからだも良好りょうこう状態じょうたいたも

自閉スペクトラム症じへいすぺくとらむしょうやADHDなどの発達障害はったつしょうがいのあるかたには、過度かど集中しゅうちゅうして行動こうどうコントロールこんとろーるできなくなる特性とくせいがみられる場合ばあいがあります。また、周囲しゅういおとにおい、味覚みかく触覚しょっかくなど外部がいぶからの刺激しげき過剰かじょうかんじられ、はげしい苦痛くつうをともなって不快ふかいかんじられる感覚過敏かんかくかびんや、いたみやつかれ、発熱はつねつなどの体調不良たいちょうふりょうづきにくい感覚鈍麻かんかくどんまなど、感覚かんかく障害しょうがいのあるかた場合ばあい環境面かんきょうめんでの配慮はいりょ変化へんかをとらえる第三者だいさんしゃ重要じゅうようになります。職場しょくば家庭かてい協力きょうりょくくわえ、医療機関いりょうきかん定期的ていきてき受診じゅしんなど、自分自身じぶんじしんもこころとからだの健康けんこう十分留意じゅうぶんりゅういすることが大切たいせつです。また、過剰かじょうストレスすとれす精神疾患せいしんしっかん発症はっしょうなどにつながり、退職たいしょくをしてしまうケースけーすすくなくありません。勤務中きんむちゅう休憩時間きゅうけいじかん場所ばしょ確保かくほ休日きゅうじつごしかた工夫くふう必要ひつようおうじて勤務時間きんむじかん短縮たんしゅく休職きゅうしょく相談そうだんなど、はたらつづけるためには上手じょうずやすむことも大切たいせつです。