利用者のニーズ把握・アセスメント

支援の提供を行うにあたっては、支援を必要とする利用者が主体であることが大前提です。利用者にとって必要な支援を主体的に活用してもらい、支援者は利用者がより良い生活を送れるように支えていくことがポイントになります。そのためには、利用者が自分の生活を自分で決めること(自己決定)を尊重し、利用者の意思決定を支援することが重要です。


利用者のニーズ把握

利用者との信頼関係(ラポール)を形成することが支援の第一歩となります。利用者は必ず何らかの困りごとがあって福祉の門戸をたたきますので、将来の展望がみえず不安を抱えていたり、困りごとの解決方法がわからず途方に暮れていたりなどの状況にあります。初期面接などでニーズ把握を行う際は、以下の点に留意しましょう。

  • 利用者の相談には傾聴を心がけましょう
  • 利用者の話を肯定的にとらえましょう
  • 利用者の不安を和らげる言動で対応しましょう
  • 困りごと(課題)を明らかにしましょう
  • 対応できる課題かどうか検証しましょう

また、最初の段階で安易に励ましたり、課題の解決を引き受けたりしてしまうと、後々過度の依存や、支援がうまくいかなかったときには利用者の不信を招いてしまう可能性があります。あくまで課題を解決する主体は利用者であることをあらためて確認し、不用意な言動は避けましょう。


アセスメント

アセスメントには「フォーマルなアセスメント」と「インフォーマルなアセスメント」があります。「フォーマルなアセスメント」は標準化された心理検査などをさします。「インフォーマルなアセスメント」は日々の観察や支援者の解釈などをもとにしたアセスメントです。支援計画の策定にあたってはどちらのアセスメントも欠かせないものですが、ここでは「インフォーマルなアセスメント」について概説していきます。

最初に、利用者のニーズ把握の結果を受けて、課題の整理をします。利用者が主張する困りごとだけがニーズとは限りません。利用者本人が気づいていないニーズ、家族や地域など周囲が関係するニーズなどさまざまなニーズが考えられます。課題の整理にあたっては全体の課題と各分野の課題を整理し、優先順位を設定します。優先順位は課題の重要度や緊急度などを目安に検討しましょう。課題の整理表(書式は自由)などのツールを用いて、支援チームで情報共有するときや支援の経過を確認するときなどに活用しましょう。

一方で利用者本人の状態の整理も支援計画策定には不可欠です。本人の障害状況、生育歴、家族の状況など本人を取り巻く環境、得意なこと、苦手なことなどを基本情報として整理しておきましょう。とくに近年では「ストレングスモデル」として、利用者本人の強みやできることを生かした支援が、障害者支援の分野ではスタンダードとなっています。