障害者就業・生活支援センター

平成14年の障害者雇用促進法改正により創設された支援機関です。通称、ナカポツ(関西の方ではしゅうポツ)と呼ばれています。その役割は一般就労を希望、またはすでに一般就労している担当地域にお住まいの障害のある方を対象に、就業面とこれにともなう日常生活や社会生活に関する相談・支援を一体的に提供します。全国の障害保健福祉圏域への配置を目標に設置を進めていて、その設置数は年々増加しています。

運営は都道府県知事が指定する一般社団法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人などが行っています。

thumbnail of 障害者就業・生活支援センター

 障害者就業・生活支援センターの概要(厚生労働省)

詳しくは、お近くの障害者就業・生活支援センターまでお問い合わせください。