はたらつづけるために必要ひつよう医療的いりょうてきケアけあ

近年きんねん職場内しょくばないでの心身しんしん不調ふちょううったえるかた増加ぞうかしています。体調たいちょうがすぐれないさい病院受診びょういんじゅしんはもちろん、健康診断けんこうしんだん人間ドックにんげんどっくなど日常的にちじょうてき心身しんしんケアけあがとても大切たいせつになります。また、信頼しんらいできるかかりつけをみつけておくことも大切たいせつです。

また、労働者ろうどうしゃ50人以上にんいじょう企業きぎょうでは、心身しんしんともに健康けんこうはたらつづけるために、産業医さんぎょうい選任せんにんして労働者ろうどうしゃ健康管理けんこうかんりなどをおこなわせなければなりません。産業医さんぎょういは、保健師ほけんし衛生管理者せいせいかんりしゃなど事業場内じぎょうじょうない保健スタッフほけんすたっふ連携れんけいし、労働者ろうどうしゃ心理的負担しんりてきふたん程度ていど把握はあくするための検査けんさストレスチェック制度すとれすちぇっくせいど)を実施じっしすることが義務ぎむとなりました。心身しんしん健康けんこうかんする産業医さんぎょういへの相談そうだんも、こころとからだの不調ふちょうサインさいん早期発見そうきはっけんにつながるかもしれません。

そして、就職しゅうしょく前後ぜんご生活リズムせいかつりずむおおきく変化へんかします。仕事しごとにともなう心身しんしんつかれや人間関係にんげんかんけいなどのなやみ、ストレスすとれすから、精神疾患せいしんしっかん発症はっしょうしてしまうケースけーすすくなくありません。ちょっとした不調ふちょう見逃みのがさずに早期発見そうきはっけん早期治療そうきちりょうすることが大切たいせつです。そのためには、発達障害はったつしょうがい初期しょき診断しんだんにとどまらず、精神科診療所せいしんかしんりょうじょなどの医療機関いりょうきかんとできるだけ継続的けいぞくてきかつ定期的ていきてきにかかわりをもつことをおすすめします。

健康診断けんこうしんだん発達障害はったつしょうがいかんする診療科しんりょうか以外いがい医療機関いりょうきかんなどについて、関連記事かんれんきじ医療機関いりょうきかんについて(身体からだとこころの健康けんこう)」もあわせておみください。