就職しゅうしょくかんがえているかた

本格的ほんかくてき就職活動しゅうしょくかつどうはいまえに、さえてほしい4つのステップすてっぷがあります。ひとりでかかまずに、必要ひつようおうじて専門家せんもんか相談そうだんする、支援機関しえんきかん活用かつようするなどして無理むりのないスケジュールすけじゅーるみましょう。大学だいがく高等学校こうとうがっこうなどに在学中ざいがくちゅうかたは、まずは学生支援室がくせいしえんしつ進路指導しんろしどう先生せんせい相談そうだんすることをおすすめします。

 

職業しょくぎょう方向性ほうこうせいめる 自己理解じこりかい仕事理解しごとりかい

ステップすてっぷ1:自分じぶん

実際じっさいはたらき・らすのは自分自身じぶんじしんです。まずは将来しょうらいゆめ希望きぼうと、いま自分じぶん姿すがた整理せいりすること、いわゆる自己分析じこぶんせきからはじめましょう。自己分析じこぶんせきでは、これまでのかたエピソードえぴそーどかえり、性格せいかく大切たいせつおもうことや価値観かちかん行動傾向こうどうけいこうなどを整理せいりし、自分じぶんつよみや配慮はいりょ支援しえん必要ひつようなことなどをおここします。発達障害はったつしょうがい特性とくせいひとつに、想像性そうぞうせいイマジネーションいまじねーしょん困難こんなんさ(相手あいて気持きもちを想像そうぞうする、他者たしゃから自分じぶんがどうみえているかなどの理解りかいむずかしさなど)があります。ご家族かぞくやご自身じしんをよく他者たしゃ学校がっこう先生せんせい医療機関いりょうきかん支援機関しえんきかんかたなど)から、客観的きゃっかんてき意見いけんつよみなどのアピールポイントあぴーるぽいんとなど)をおしえてもらいましょう。

あまりみみなじみのないことばかとおもいますが、就業支援しゅうぎょうしえんかんする専門用語せんもんようごで”職業準備性しょくぎょうじゅんびせいレディネスれでぃねす)”ということばがあります。はたらうえ必要ひつようとされる能力のうりょくを「疾病しっぺい障害しょうがい管理かんりするちから」、「日常生活にちじょうせいかつ遂行すいこうするちから」、「職業生活しょくぎょうせいかつ遂行すいこうするちから」、「職務しょくむ遂行すいこうするちから」の4つにけ、苦手にがてさや困難こんなんさがある場合ばあいは、必要ひつようおうじて訓練くんれん能力向上のうりょくこうじょうをはかったり、支援しえん周囲しゅういからの配慮はいりょによりおぎなったりすることで、はたらくために必要ひつよう準備じゅんびととのうというかんがかたです。いま自分じぶんにどのような能力のうりょくがあるのか、どの部分ぶぶんまわりからの手助てだすけが必要ひつようかをかんがえるヒントひんとにしてみるのもよいかもしれません。くわしくは、関連記事かんれんきじの「職業準備性しょくぎょうじゅんびせいレディネスれでぃねす)とは」をご参照さんしょうください。

 

雇用市場こようしじょう調査ちょうさ 適性把握てきせいはあくターゲットたーげっとしぼ

ステップすてっぷ2:企業きぎょう仕事しごと

「この業界ぎょうかいはたらきたい」「この企業きぎょうはたらきたい」と目標もくひょうがはっきりしているかたであれば、実際じっさいはたらいているかたはなしいたり、職場しょくば見学けんがくさせてもらうことをおすすめします。また、ほかの業種ぎょうしゅ企業きぎょうにも視野しやひろげてみてください。できればおなじように障害しょうがいがありながらはたらいている先輩せんぱいから、職場しょくばらしのなか苦労くろうされたはなしまわりのひとからたすけてもらった体験談たいけんだんなどをかせてもらいましょう。身近みぢかにそのようなかたがいない場合ばあいは、ウェブ上うぇぶじょうにある体験談たいけんだんなども参考さんこうになりますが、ただしい情報じょうほうかどうかはわかりません。

地域障害者職業センターちいきしょうがいしゃしょくぎょうせんたーハローワークはろーわーくなどでは、障害しょうがいのあるかたけの就職セミナーしゅうしょくせみなー企業説明会きぎょうせつめいかい職場見学会しょくばけんがくかい随時開催ずいじかいさいしています。もちろんほかのひと経験けいけんですから、そのすべてがご自身じしんてはまるわけではないかもしれませんが、将来しょうらい職業生活しょくぎょうせいかつイメージいめーじづくりの参考さんこうになるでしょう。

まだ具体的ぐたいてき目標もくひょうかたまっていないかたも、職場しょくばはたらかたから講話こうわくことや、障害しょうがいのあるかたはたら姿すがたらしぶりをることからはじめましょう。当事者とうじしゃ経験談けいけんだんくためには、当事者会とうじしゃかい就労移行支援しゅうろういこうしえんなど、おおくのひとあつまる場所ばしょたずねてみてください。

また、地域障害者職業センターちいきしょうがいしゃしょくぎょうせんたーでの職務試行法しょくむしこうほう職業評価しょくぎょうひょうかなどを目的もくてきとした職場実習しょくばじっしゅう)や就労移行支援事業所しゅうろういこうしえんじぎょうしょでの職場実習しょくばじっしゅう学校がっこうでのインターンシップいんたーんしっぷ機会きかいは、自分自身じぶんじしん職業上しょくぎょうじょう可能性かのうせい将来しょうらい職業生活しょくぎょうせいかつさえるべきポイントぽいんとなどを明確めいかく機会きかいです。

 

求職活動きゅうしょくかつどう 

ステップすてっぷ3:職場しょくば

業種ぎょうしゅ企業きぎょうなどの志望先しぼうさきしぼめたら、つぎターゲットたーげっとである業種ぎょうしゅ企業きぎょうかんする、より具体的ぐたいてき情報取集じょうほうしゅうしゅう段階だんかいです。セミナーせみなー会社説明会かいしゃせつめいかいは、興味きょうみのある業界ぎょうかい企業きぎょうチェックちぇっくする、就職活動しゅうしょくかつどう実質的じっしつてき第一歩だいいっぽです。基本的きほんてきマナーまなールールるーる確認かくにんしておく必要ひつようがあります。インターンシップいんたーんしっぷ機会きかいなどを積極的せっきょくてき活用かつようし、実際じっさい職場しょくばでどのようにはたらくのか/はたらつづけられるのか、職場しょくば雰囲気ふんいきはどうかなどのきた情報じょうほうるようにしましょう。

障害特性しょうがいとくせいなどで配慮はいりょ必要ひつよう場合ばあいは、企業きぎょう個別こべつ相談そうだんすることもできますが、企業きぎょうたいする要望ようぼう依頼いらい適切てきせつつたえるためには、学生支援室がくせいしえんしつハローワークはろーわーく就職エージェントしゅうしょくえーじぇんと就労支援機関しゅうろうしえんきかんなどの支援機関しえんきかんつうじて相談そうだんすることをおすすめします。

ステップすてっぷ4:採用さいようけた対策たいさくをする

まず、資格要件しかくようけん採用試験さいようしけん内容ないようなどを確認かくにんします。会社説明会かいしゃせつめいかい段階だんかい履歴書りれきしょエントリーシートえんとりーしーと持参じさんという場合ばあいもあります。自分じぶん将来しょうらい左右さゆうするかもしれない1まいおもい、基本きほんさえた履歴書りれきしょを1まいつくっておくとよいでしょう。

また、自分じぶん障害しょうがい開示かいじするかどうか、一般雇用いっぱんこよう障害者雇用しょうがいしゃこようのどちらにするか、職場しょくば配慮はいりょしてほしいてん具体的ぐたいてきなにかなどを整理せいりし、かんがえておく必要ひつようがあります。さらに、筆記試験ひっきしけん面接試験めんせつしけん実技試験じつぎしけんなど採用試験さいようしけんけた準備じゅんび必要ひつようです。業種ぎょうしゅによっては資格しかく所持しょじ条件じょうけんとなる場合ばあいもありますので、よく確認かくにんしましょう。

就職活動しゅうしょくかつどう大詰おおづめをむかえ、決断けつだんしなければならないこともえ、そのためのスケジュール管理すけじゅーるかんり思考しこう整理せいり必要ひつよう時期じきです。履歴書りれきしょ作成さくせい面接試験めんせつしけんなど、就職活動しゅうしょくかつどうにともなうストレスすとれすえるでしょう。そのため、生活面せいかつめん健康面けんこうめん管理かんりもとても大切たいせつです。学生支援室がくせいしえんしつハローワークはろーわーく就職エージェントしゅうしょくえーじぇんと就労支援機関しゅうろうしえんきかん医療機関いりょうきかんなどとこれまで以上いじょうによく連絡れんらくり、相談そうだんすることをおすすめします。